2016年9月20日火曜日

親とのお寿司、その後

こんばんわm柿原です。
17日水曜に、うちの家族で回らないお寿司屋さんに行ってきました。
この店は篠山にある個人経営のお寿司屋さんで、私が幼少の頃からずっと通っていた行きつけ、とまでは行きませんがよく行っていたお寿司屋さん。
今は主に2代目の息子さんが後を継いでいますが、この日は親父さんが特別に握ってくれました。

・・・その前に、かれこれ10年ぐらい行ってなかったお墓前りに、、、お彼岸なので行ってきました。

母親と嫁さんと、息子と四人で行ったのですが。。。。

かなり草がぼおぼおで母親一人で何とか掃除はしているが、手が負えないとのこと。
そこでさりげなく母親が、「私が死んだらあなたがこの墓を守らないといけないんやで。まあお姉ちゃんや弟もいるけど、長男なんやから・・・」と。。。

忘れていた・・・・お墓・・・・・・
ご先祖様申し訳ございません。
たまに思い出してはいたのですが、現実から目を背けたかった事実。
やっぱり長男は腐っても長男で、お墓を守っていかなければならないんだなって。

お寿司はとってもおいしかったですね。。。ほんっとおいしかった。
おとんもかなりお酒が進んでいて、「こんなに楽しいのはひさしぶりやわ」と、笑顔。オトン、お酒弱いくせに、生中→生大→日本酒熱燗×3と、べろべろになっていました。


そのあと、お嫁さんにも言われたのですが、、
楽な方に進みたいのはわかるけど、やっぱり西宮と丹波って遠いんじゃない???と。
「そりぁ私も山口に帰りたいのはやまやまだけど、あっさん(嫁にはあっさんと呼ばれています)は長男なんだからもっと親の近くに住まないと後々しんどくならない」と、、、これまた現実。

西宮で地盤を築きつつあったのですが、土地代がかなり高くて、とても一軒家なんか買えない、という現実もあったんですが、考えることを後回しにしていたのですね。

現在、仕事、住む場所、生活スタイル、、、
すべてにおいて検討中。
そう、ようやく現実に目を向けないといけないと気づいた柿原でした。
今日の一枚は回らない篠山のお寿司屋さんでとった刺身です。
おいしい魚って、咬みごたえがあって、噛めば噛むほど魚のうまみが出てくるのですね。

ハマチとサーモンが最高においしかったですね。。
お会計は親が持ってくれたのですが、値段がなく、幾らなのかわかりませんでした(笑)

0 件のコメント: